2020年2月28日 BIM実践セミナーのご案内

大分県主催でBIMの実務セミナーが開催されます。
講師は、日本郵政(株)の土田真一郎氏をお迎えして実践的な内容のセミナーとなります。
皆様には、是非ご参加くださいますようお願いいたします。
なお、セミナーの詳細につきましては、チラシをご覧ください。

日 時  2月28日(金)14:00~16:00(受付13:30~)
会 場  昭和電工ドーム大分 B1-406会議室(大分スポーツ公園)
駐車場  南駐車場か西駐車場が入り口に近いそうです。
     詳しくは下記の地図でご確認ください。
                        https://www.oita-sportspark.jp/access#parking
参加費  無料
締 切  2月25日(火)

今回はWebでの申し込みとなります。
受講希望の方は、以下のURLで必要事項を入力しお申し込みください。
           ↓
https://forms.gle/duAJ9uqiaZkEJNcH7
また、Web以外で申し込みを希望される方は、お手数ですが事務局までご連絡くださいますようお願いいたします。

2/25 「大分県地震被災建築物応急危険度判定士」講習会のご案内

大規模な地震により被災した建築物の余震による倒壊、部材の落下等から生じる二次的災害を防止し、住民の安全を確保するため応急的に損傷した建築物の危険度を判定する応急危険度判定士登録のための講習会を開催いたします。

1.日 時  令和2年2月25日(火)13:30~17:00
2.場 所  大分県庁新館14F 大会議室
3.定 員  100名
4.受講料  無料
5.CPD  3単位(予定)
6.申込方法 申込書に記入のうえ、FAXまたはメールにて
       大分県土木建築部建築住宅課指導審査班宛にお送りください
6.申込期限 令和2年2月17日(月)

講習会の詳しい内容は実施要領をご覧ください。
受講申込書応急危険度判定士申請書

        注意
1.新規登録の場合:本講習会の受講が必要です。
2.現在登録されている方:受講の義務はありませんが、内容を再確認    する意味で受講される場合は、当時配布したテキストをご持参ください。

3/5「設計図書の電子的作成・保存の実務講習会」のご案内

建築士法では「建築士が業務として作成した設計図書は15年間保存しなければならない」とされており、今後はパソコン等にデータとして保存する「電子的記録による保存」が主流になると考えられますが、パソコンにCADデータやPDFファイルを保存しただけでは、法的な条件を満たしません
どのように保存すれば法定に有効なのかを本講習会では詳細な内容と具体的な方法を解説いたします
また、県建築住宅課(参事 亘鍋氏)による講和もございますので、是非ご参加ください。
なお、詳しい内容・申込方法等は案内をご覧ください。
また、今回よりWeb受付も行います。

日 時  3月5日(木)13:30~16:30(受付13:00~)
会 場  大分職業訓練センター(大分市大字下宗方1035-1)
定 員  80名
受講料  会員4,000円 一般6,000円(税・テキスト代込)
CPD  3単位(予定)